全日本女子バレー監督中田久美に言わしめたこれは起用するべき人材石川真佑

石川真佑全日本女子バレーボール

ポジションウィングスパイカー、スパイクを打つ役割で得点を稼げる人がつくポジションである

昔で言うならレフトアタッカーエースと言われるポジション

 

全日本女子に選出された時は19歳、高校を卒業東レ・アローズ入社

久光製薬との試合で先発で出場した。

その実力は、ウィングスパイカーとしては小兵の173㎝であるが、大きなブロッカーの間を抜けていくアタッカー

まさにテクニックが最高の選手である。

 

全日本での練習はしていないが、全日本の中田久美監督は映像だけを見て

これは起用するべき人材と全日本女子バレーへ抜擢した。

 

中田久美監督監督は、全日本女子バレーを東京オリンピックで金メダルを取ることを使命に掲げ

厳しい監督でも有名

中田久美監督に言わしめたこれは起用するべき人材

 

 

全日本女子バレー中田久美監督
画像出典元
YouTube

 

石川真佑が目に留まった切っ掛けは、ワールドカップ直前に開催された

2019年アジア選手権での活躍であった。

アジア選手権優勝の原動力石川真佑

2019年若手で作られたチーム全日本女子バレー代表となり

アジア選手権優勝の原動力となった石川真佑

 

20歳以下のチーム編成でのアジア選手権MVP、ベストアウトサイダー賞を受賞した。

ワールドカップ直前に開催された、アジア選手権の活躍が中田久美監督の目に留まった

 

20歳以下での選手でずば抜けた才能が証明された結果となった。

ワールドカップで覚醒した石川真佑大型選手相手にテクニックで勝負

全日本女子バレーで若手の起用でブレークする選手は多い

大山加奈、栗原恵、古賀紗理奈もこでブレークを果たした

大山加奈、栗原恵、古賀紗理奈も石川真佑と同じ19歳でブレークした。

 

しかし石川真佑の活躍はそことは違い、いきなり高卒のルーキーが格上の相手からデビュー戦を果たした

通常ルーキーは、格下の相手で様子をみて徐々に出場機会を与えられる

 

ドミニカ戦で、ピンチサーバー4セット出場

自らレシーブ、そしてスパイクのブレークポイントを決めて見せた

黒後愛欠場、古賀紗理奈が不調で、黒後愛、古賀紗理奈にかわり次々とスパイクを決めて見せた。

 

世界に衝撃を与えたのは高身長が揃うロシア戦、1セット途中出場の石川真佑

190㎝のブロックをことごとくぶち抜き、ブロックの間、脇、指に当てるブロックアウト

バックアタックを次々と決めて見せた。

大型選手相手に真っ向勝負で43.1%のスパイク決定率をたたき出し

 

ロシアの監督は試合後石川真佑は、日本の宝と称賛した。

石川真佑はワールドカップで覚醒、ブレークを果たした。

万全の状態でななかった全日本女子バレーチームであったが石川真佑の活躍は

東京オリンピックに向けて新たな光を見出したことになった。

 

身長171㎝の石川真佑のみせた大きな可能性であった。

現在イタリアでプレーする全日本男子石川祐希の妹石川真佑

石川真佑兄で全日本男子バレーボールの絶対的なエース

石川祐希は石川真佑の兄である

石川祐希

バレーボール男子日本代表のエース、セリエA (バレーボール)パドヴァ 石川祐希帰国

現在新型コロナウィルスの影響で、東京オリンピックは延期

アスリートは、練習も出来ない状況

バレーボールファンを早く2人の活躍を見たい

 

現在石川祐希は、イタリアでプレーする兄弟でオリンピック代表

そしてメダルを目指す。