バレーボール・2022ネイションズリーグ 女子開幕

バレーボールネーションリーグの女子が開幕

女子日本代表 火の鳥NIPPON。

今季から主将を務める古賀紗理奈と監督に復帰した眞鍋監督で優勝を狙う。
東京五輪ではまさかのグループリーグ敗退

東京五輪では怪我に苦しんだ古賀紗理奈。
新たなチームの柱としてチームを引っ張っている。

ネーションリーグ2022
画像出典元
バレーボールネーションリーグ

パリ五輪への出場権を獲得条件

世界ランク上位24か国3グループで戦うネーションリーグ
最終予選で上位2位
開催国のフランスを除く残りの5か国は世界ランキングの上位国から出場が決定

結果が求められる大会となる。

新生・眞鍋ジャパン、ネーションズリーグ第1週 14名

眞鍋監督が選んだ14名は?

17人のメンバーから14名が選ばれる。
週ごとに変わる、メンバー
選手も気が抜けない状態。

初戦の相手は韓国となる。
東京オリンピックベスト4の韓国に挑む

セッター
松井珠己(24・デンソーエアリービーズ)
関菜々巳(22・東レアローズ)

アウトサイドヒッター/オポジット
内瀬戸真実(30・埼玉上尾メディックス)
井上愛里沙(27・久光スプリングス)
古賀紗理那(26・NECレッドロケッツ)※主将
オクム大庭冬美ハウイ(23・日立Astemoリヴァーレ)
林琴奈(22・JTマーヴェラス)
石川真佑(22・東レアローズ)
佐藤淑乃(20・筑波大学3年)

ミドルブロッカー

島村春世(30・NECレッドロケッツ)
小川愛里奈(23・東レアローズ)
山田二千華(22・NECレッドロケッツ)

リベロ

山岸あかね(31・埼玉上尾メディックス)
小島満菜美(27・NECレッドロケッツ)

予選 第1週 シュリーブポート ボージャーシティ【アメリカ】

参加チーム

アメリカ、 中国、 ブラジル、 トルコ、 日本、 ドミニカ共和国、 オランダ、 イタリア、 ベルギー、 ドイツ、 ポーランド、 セルビア、 韓国、 タイ、 カナダ、 ブルガリア

6月2日~開幕するネーションリーグ

日本 – 韓国

日本-ドイツ

日本-ドミニカ共和国

日本-アメリカ

試合はポイント制で行われるネーションリーグ。

勝ち(3-0、3-1):3ポイント 勝ち(3-2):2ポイント 負け(2-3):1ポイント

初戦の韓国戦に勝利できるのか?

予選ラウンドネーションリーグ2022 女子日本 – 韓国

予選ラウンド第1週アメリカ大会

バレーボール ネーションズリーグ 2022 女子

第1戦 日本vs韓国戦

日本 3 – 0 韓国

第1セット : 25-17第2セット : 25-16第3セット : 25-11

第2戦日本vsドイツ

速報日本連勝スタート

日本 3 – 2 ドイツ

第1セット : 25-27
第2セット : 23-25
第3セット : 25-20
第4セット : 25-22
第5セット : 15-12

逆転の勝利!

ハイライト動画
現在3位の火の鳥NIPPON

日本vsドミニカ共和国

第1セット : 25-17第
2セット : 20-25第3
セット : 25-21第
4セット : 25-10

3連勝の火の鳥NIPPON

日本 3 – 0 アメリカ

2011年のワールドカップ以来11年ぶりにアメリカ戦勝利

第1セット : 25-22
第2セット : 25-20
第3セット : 25-20

開幕4連勝

現在の全日本女子バレーネーションリーグは単独で1位
中国、アメリカが日本を追う展開。

次戦は6月14日

ネーションリーグ2022 女子予選 第2週 ケソン市から始まる出場選手は?

ネーションリーグ2022 女子予選 第2週 ケソン市から始まる出場選手は?